法人番号90200-05-013516 
 
Rescued Animal NetworkAssociation Inc.
横浜本部

NPO一般社団法人
レスキュード アニマル ネットワーク R.A.N.

私たちは犬や猫やうさぎと人間が100倍幸せになる活動をしていきたいと思います。

預かりさん募集                                                                                                           保護犬預かりボランティア
(保護猫・小動物・爬虫類の預かりさんも同時募集)
保護犬をご自宅で一定期間預かっていただくボランティアさんを募集しています。
多くの子達を助け出すためには、たくさんの預かりさんが必要です

本来新しい家族が見つかるまで預かっていただけるのが嬉しいのですが、
3ヶ月から6ヶ月だけでも預かってくれる人が10人いれば、最大5年もの
時間が稼げるのです。

これだけの時間が稼げれば確実に一つの命が救われるのです。

預かりさんにお願いしたいのは、愛情を注いでお世話をしていただく事だけです。

預かりにかかる餌代・医療費はR.A.N.が負担いたします。
(預かりさんに責の有る医療費意外は負担いたします。)

ハウスとなるケージもR.A.N.から貸し出しいたします。

◆3ヶ月から6ヶ月の短期預かり

◆新しい飼い主が見つかるまでの長期預かり

状況に応じて短期預かりから長期への変更も可能です。
その逆の長期から短期への変更も可能です。

代表が扱い方や躾に付いては指導いたします。
定期的に躾け相談会を催したり、個別相談にも対応いたします。


ご応募について

特に高齢者の方で、最期まで面倒を見切れないとの理由で犬が大好きなのに
飼えないでいる方、もし入院されたり体調が悪い場合は他の預かりさんに
犬を移動いたします。

預かり犬はあくまでもR.A.N.の所有する犬を預かるだけなので、
最期まで面倒をみる必要は
ありません。

もちろん預かりさんから新しい飼い主になる事もできます。

不幸な保護犬たちを新しい飼い主さんに送り出すのも、高齢化社会の新しい犬との
生活の
ひとつではないでしょうか?

医学的にも認知症に犬の効果が確認されています。

お散歩で歩くことで健康寿命も延びます。

そして何より心の支えとなって寂しさを癒してくれます。

そんな無責任に飼ってもいいのかと心配される声がありますが、無責任ではありません。
それによって命が救われるのです。

一時預かりルール

◆就寝時、留守番時は必ずケージ・クレート等に入れフリーにしない事。       
トイレシートでの排泄が出来るようにする事。
引っ張らずににお散歩が出来るようにする事。
一時預かり中の保護動物のしつけに関する扱い方は、代表の指示に従い甘やかすこと
 なく
新しい飼い主のもとにきちんとしつけの入った状態で送り出せるように勤める事。
問題行動と思われる部分があれば、代表と相談しながら矯正していきます。
必ずリード着用し(ノーリード禁止)犬、人とトラブルは起こさないように
 注意する事。

フレキシブルリードやロングリードは使用禁止です。
事故、トラブル、問題が起きた場合には些細な事であっても即刻報告する事。
フードはR.A.N.支給の物を与えてください。トッピング等も指示された物を
 与えてください。

医療行為に関しては代表の指示を仰ぎ行う事。
(急を要する場合には事後報告で構いません)
出来るだけ一時預かり中のブログの作成をお願いします
譲渡会の参加をお願いします。

実際に保護動物をお預けすることが決まりましたら、サポーター会員登録
(月会費500円)への加入が必要となります。


預かりになってもいいと思われましたらこちらからご応募ください。
             ↓
    預かり希望申込フォーム

「お留守番のある家」「ひとり暮らし」などの条件の方でもご応募可能です。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

inserted by FC2 system

inserted by FC2 system

inserted by FC2 system